カキラン(柿蘭)

北海道、本州、四国、九州の日当たりのよい湿地に生えるラン科の多年草。花期は6〜8月。茎は高さ30〜70cm。葉は5〜10個互生する。茎上部に黄褐色の花を10個程つける。萼片、花弁とも長さ約1.2〜1.5cm。唇弁の先端部は矢印状で、中央に黄色のV字状斑紋が有る。後部は丸く、内側に湾曲し、紫色の筋が有る。中央の緑色部分は葯。花弁2個は柿色。名前は花の色による。

6月中旬、佐賀県唐津市七山の樫原湿原に行きました。素敵なカキランが咲いていました。

2020年6月17日 佐賀県唐津市七山 樫原湿原