イワカガミ(岩鏡)

北海道、本州、四国、九州の高山や深山の草地、岩場などに群生するイワウメ科の多年草。花期は5〜7月。草丈10〜15cm。花の径は1.5cm内外。花冠の先は細かく割れます。名前の由来は、岩場に多く生え、柄のついたつやのある丸い葉を手鏡に見立てたもの。花期はミヤマキリシマより少し早く、5月中旬から下旬。

5月下旬、大分県玖珠郡九重町長者原の牧の戸峠から沓掛山まで登りました。途中。可愛らしいイワカガミの花がたくさん咲いていました。

2019年5月21日 大分県玖珠郡九重町 沓掛山