イワガラミ(岩絡み)                 

北海道、本州、四国、九州の山地の林縁や林間のギャップ、岩場などやや明るい場所に生えるユキノシタ科イワガラミ属のつる性の落葉本木。幹や枝から気根を出して他物を這い登り、長さ7〜10mに達する。花期は6〜7月。枝先に直径10〜20cmの散房花序を出し、装飾花は白色で萼片が1個つく。

5月下旬、福岡県北九州市小倉南区の平尾台に寄りました。茶ヶ床園地に車を停め大平山山頂まで登って行き、中峠に降りて茶ヶ床園地に戻る。途中でイワガラミの花を見つけました。

2020年5月25日 福岡県北九州市小倉南区 平尾台