イチリンソウ(一輪草)

本州、四国、九州の丘陵地や山の林のへり等の生えるキンポウゲ科の多年草。別名ウラベニイチゲ。花期は4〜5月。草丈15〜25cm。花の径3〜4cm(花弁状の萼)。名前の由来は、花茎の先に1輪の花がつくことによる。別名のウラベニイチゲは花(萼片)の裏が紅色を帯びる事がある為とか。

3月下旬、福岡県前原市井原山山麓の水無鍾乳洞付近に寄りました。渓流沿いで13日前には蕾だったイチリンソウが咲き始めていました。

2020年3月31日 福岡県糸島市井原 水無鍾乳洞付近