イヌガラシ(犬芥子)

アブラナ科の多年草。日本全土の庭、道端、田圃の畦などに自生。草丈10〜40cm。花期は4〜9月。花の大きさは5〜6mm。果実が細長く、こん棒状なのが特徴です。全草にほとんど辛みはなく、利用されない事から犬ガラシとなったそうです。

12月中旬、自宅周辺(福岡県那珂川市山田)を散策しました。田圃の畦でイヌガラシを見つけました。タネツケバナに感じが似ていますが黄色い花です。

2019年12月15日 福岡県那珂川市山田