イブキトラノオ(伊吹虎の尾)

北海道、本州、四国、九州の山地から高原の日当たりの良いやや湿り気のある所に群生するタデ科の多年草。花期は7〜8月。草丈30〜120cm。花穂は5〜8cmの白色〜淡紅色の円柱状。名前の由来は、滋賀県の伊吹山(滋賀・岐阜県境)に多く見られ、円柱状の太い花穂を猛獣の虎の尾に見立てたとの事。

6月中旬、大分県玖珠郡九重町 タデ原湿原に寄りました。イブキトラノオの花に出会えました。

2020年6月15日 大分県玖珠郡九重町 タデ原湿原