イボクサ(疣草)

本州、四国、九州、沖縄の水田、河川敷、湿地などに生えるツユクサ科の1年草。別名イボトリグサ。花期は8〜10月。草丈15〜30cm。茎は地を這い、先は斜めに伸びる。花の径は約1.2cm。花弁の先は紅紫色を帯びます。名前の由来は、この草の汁をつけてイボを取ったところからついたとか。

9月下旬、熊本県の俵山コスモス園に寄りました。ビオトープらしき池のそばでイボクサを見つけました。名前は悪いがとっても可愛い花です。

2014年9月27日 熊本県阿蘇郡西原村俵山コスモス園