ホツツジ(穂躑躅)

北海道(南部)、本州、四国、九州の山地の林縁や岩場などに生えるツツジ科の落葉低木。日本固有。花期は8〜9月。高さは1〜2m。枝先に5〜10cmの円錐花序を直立し、淡紅色を帯びた花を多数つける。花冠は3裂し、裂片は長さ約1cm、幅3mmの狭長楕円形で、反りかえる。雄しべは6個、雌しべは花の外へまっすに長く突き出る。名前の由来は、花が穂になってつく事によります。

8月下旬、大分県玖珠郡九重町の沓掛山に登りました。登山道で可愛いホツツジに出会えました。

2019年8月21日 大分県玖珠郡九重町 沓掛山