ホトケノザ(仏の座)

シソ科の2年草。本州・四国・九州・沖縄の畑、道端、空き地などに自生。草丈10〜25cm。花期は3〜6月。花の大きさは2cm内外。名前の由来は2枚の葉が茎を取り巻くようにつく形が、仏像の台座の蓮華座に見えることから。春の七草のホトケノザはキク科のコオニタビラコの事。

1月下旬、福岡県那珂川市を散策しました。田圃の畦では可愛らしいホトケノザがたくさん咲いていました。

ホトケノザ(仏の座)