ヒオウギ(檜扇)

本州、四国、九州、沖縄の日当たりの良い山地の草原に生えるアヤメ科の多年草。草丈は60〜100cm。花の径は3〜4cm。橙色で内面に暗赤色の斑点がある。花期は8月〜9月。名前の由来は、葉が扇状にでる事による。

7月初旬、福岡県北九州市小倉南区の平尾台に行きました。茶ヶ床園地から大平山山頂まで行きました。下る時に少し道を変えると、咲き始めのヒオウギの花に出会えました。

2019年7月4日 福岡県北九州市小倉南区 平尾台