ヒナノキンチャク(雛の巾着)

本州、(東北地方以西)、四国、九州の日当たりのよい山野に生えるヒメハギ科の1年草。花期は7〜10月。草丈5〜15cm。枝先に長さ約2mmの淡紫色の花を総状につける。葉は卵円形で長さ1〜3cm。果実は扁円形で直径3mm。名前の由来は、果実を小さな巾着に見立てたもの。

8月下旬、福岡県小倉南区の平尾台に寄りました。大平山直下の登山道で可愛いヒナノキンチャクを探しました。とても花数が少なく年々減少しているみたいです。

2018年8月29日 北九州市小倉南区 平尾台