ヒメミクリ(姫実栗)

日本全土の池や沼に生えるミクリ科ミクリ属の多年草。花期は6〜9月。草丈30〜60cm。葉は幅3〜5cmと細く、茎よりも高く伸びる。花を付ける枝は1〜3個出て、下部に1〜3個の雌頭花、上部に2〜6個の雄頭花をそれぞれ間隔を開けてつける。名前の由来は、雌頭花が栗の実のように見える事から。ミクリに比べて全体に小型の為、ヒメミクリと名前がついた。

6月初旬、佐賀県唐津市七山の樫原湿原に寄りました。湿原内にヒメミクリの花が元気に咲いていました。ちょっと変わった花です。

2020年6月9日 佐賀県唐津市七山 樫原湿原