ヒガンバナ(彼岸花)

マンジュシャゲ(曼珠沙華)とも云い、ヒガンバナ科の多年草。古く中国から渡来したと云われ、本州〜九州の、田の畦、堤などに生える。葉は初冬に出、4月に枯れ、9月ごろ高さ30〜50cmの花茎を立て、数個の朱紅色の花を開く。秋の彼岸のころ咲くのでついた名前。マンジュシャゲ(曼珠沙華)は天上の赤い花と云う梵語とか。

9月初旬、佐賀県佐賀市富士町の北山ダム付近に行きました。道端で彼岸花が咲きはじめました。アゲハチョウが蜜を吸っていました。

2021年9月4日 佐賀県佐賀市富士町 北山ダム付近