2013年4月6日開催の写真クラブ例会提出作品

熊本城の桜(2013年3月27日)

熊本城の桜(2013年3月27日)
岡城趾の桜(2013年3月25日)
まどろみ
篠栗南蔵院の涅槃像(2013年4月2日)

2013年3月2日開催の写真クラブ例会提出作品

オオナガミクダモノトケイソウ
写真クラブ冬の撮影会・福岡市植物園(2013年2月15日)

ベロペロネ
写真クラブ冬の撮影会・福岡市植物園(2013年2月15日)
カンラン
写真クラブ冬の撮影会・福岡市植物園(2013年2月15日)
フクジュソウ
写真クラブ冬の撮影会・福岡市植物園(2013年2月15日)

2013年1月18日開催の写真クラブ例会提出作品
トワイライト (2012年12月12日撮影
福岡県福岡市博多区・JR博多駅から
春を呼ぶ (2012年12月22日撮影)
鹿児島県指宿市山川
春風を起こして (2012年12月22日撮影)
鹿児島県指宿市山川(JR九州最南端の駅・西大山駅)
光の絨毯  (2012年12月22日撮影)
鹿児島県指宿市山川岡児ヶ水(フラワーパークかごしま)
鬼の洗濯板 (2012年12月24日撮影)
宮崎県宮崎市青島
冬牡丹 (2013年1月1日撮影)
福岡県福岡市東区箱崎
筥崎宮神苑花庭園宮
玉せせり1 (2013年1月3日撮影)
福岡県福岡市東区箱崎・筥崎宮
玉せせり2 (2013年1月3日撮影)
福岡県福岡市東区箱崎・筥崎宮

2012年12月14日開催の写真クラブ例会提出作品
狭霧台からの朝霧の眺め (2012年11月16日撮影
大分県由布市
落日 (2012年11月16日撮影)
大分県深耶馬渓・一目八景
残照 (2012年11月16日撮影)
大分県深耶馬渓・一目八景
夜明け前 (2012年11月16日撮影)
大分県由布市蛇越展望台
富貴野の滝 (2012年11月16日撮影)
大分県宇佐市安心院町
数鹿流ヶ滝 (2012年11月16日撮影)
熊本県阿蘇郡南阿蘇村立野
朝霧1 (2012年11月16日撮影)
大分県由布市湯布院町・金鱗湖
朝霧2 (2012年11月16日撮影)
大分県由布市湯布院町・金鱗湖

2012年10月19日開催の写真クラブ例会提出作品
栂池自然園トレッキング1
 (2012年10月7日撮影
栂池自然園トレッキング2
   (2012年10月7日撮影)
白馬・八方尾根トレッキング1
 (2012年10月8日撮影)
白馬・八方尾根トレッキング2
(2012年10月8日撮影)
白馬・八方尾根トレッキング3
(2012年10月8日撮影)
白馬・八方尾根トレッキング4
(2012年10月8日撮影)

2012年9月21日開催の写真クラブ例会提出作品
夏の千畳敷
 (2012年8月4日撮影
千畳敷から富士山を望む
 (2012年8月4日撮影)
小国町の鍋ヶ滝
 (2012年8月17日撮影)
小国町の鍋ヶ滝(裏側) 
(2012年8月17日撮影)
阿蘇大観望
(2012年8月17日撮影)
産山村・ヒゴタイ公園 
(2012年8月17日撮影)

2012年7月20日開催の写真クラブ例会提出作品
・伏見神社の岩戸神楽1 筑紫郡那珂川町山田
 (2012年7月14日撮影
伏見神社の岩戸神楽2 筑紫郡那珂川町山田
 (2012年7月14日撮影
・伏見神社の岩戸神楽3 筑紫郡那珂川町山田
 (2012年7月14日撮影
博多の夏 ・ 博多駅前の飾り山笠 
(2012年7月8日撮影)
流れ舁き櫛田入り
(2012年7月10日撮影)
追い山ならし櫛田入り 
(2012年7月12日撮影)
イチヤクソウ 佐賀県唐津市樫原湿原
(2012年6月26日撮影)
ヒツジグサとアメンボウ  島根県飯南町赤名湿地
(2012年7月1日撮影)
イチモンジセセリとノアザミ 熊本県阿蘇市大観望付近
(2012年7月9日撮影)
ヤマトシジミ 島根県飯南町赤名湿地
(2012年7月1日撮影)
モンシロチョウとコンフリー 大分県九重町九重野の花の郷
(2012年7月9日撮影)

2012年6月15日開催の写真クラブ例会提出作品
ミヤマキリシマ (2012年5月28日撮影
くじゅう大戸越
ミヤマキリシマ (2012年5月28日撮影)
くじゅう大戸越
ベニドウダン(紅満天星) (2012年5月30日撮影)
白水湿性花園
平尾台 (2012年5月30日撮影)
ハナウド
名水の滝 (2012年5月30日撮影)
男池園地
紫陽花 (2012年6月13日撮影)
山口県防府市阿弥陀寺
額紫陽花 (2012年6月13日撮影)
山口県防府市阿弥陀寺
紫陽花 (2012年6月13日撮影)
山口県防府市阿弥陀寺

2012年5月17日開催の写真クラブ例会提出作品
春の撮影会 (2012年4月20日撮影
大分市一心寺
春の撮影会 (2012年4月20日撮影)
大分市一心寺
平尾台 (2012年4月14日撮影)
大平山と山桜
平尾台 (2012年5月12日撮影)
ジャケツイバラ
平尾台 (2012年4月18日撮影)
オキナグサ
平尾台 (2012年5月12日撮影)
オキナグサ
船通山(島根県奥出雲町) (2012年5月8日撮影)
カタクリ
船通山(島根県奥出雲町) (2012年5月8日撮影)
サンインシロガネソウ

2012年3月16日開催の写真クラブ例会提出作品
門司港レトロ地区撮影会 (2012年2月17日撮影)
海峡ドラマシップ内部
門司港レトロ地区撮影会 (2012年2月17日撮影)
旧門司三井倶楽部
門司港レトロ地区撮影会 (2012年2月17日撮影)
人力車疾風
門司港レトロ地区撮影会 (2012年2月17日撮影)
国際友好記念図書館
門司港レトロ地区撮影会 (2012年2月17日撮影)
門司港駅(下校)
八女市立花町谷川梅園 (2012年3月12日撮影)
梅の香に酔う
門司港レトロ地区撮影会 (2012年2月17日撮影)
門司港駅閑散
門司港レトロ地区撮影会 (2012年3月10日撮影)
阿蘇大火文字焼き

2012年1月20日開催の写真クラブ例会提出作品
筥崎宮・玉せせり (2012年1月3日撮影) 久留米大善寺・垂玉宮の鬼夜 (2012年1月7日撮影)
鹿児島県開聞岳付近の菜の花畑 (2012年1月8日撮影) 宮崎県都井岬の野生馬 (2012年1月9日撮影)
久住山登山1 (2012年1月17日撮影) 久住山登山2 (2012年1月17日撮影)
阿蘇五岳・城山展望所より (2012年1月18日撮影) 阿蘇仙酔峡の氷瀑 (2012年1月18日撮影)

2011年12月9日開催の写真クラブ例会提出作品
ハウステンボス・光の王国・光の宮殿 (2011年12月5日撮影) マウリッジ広場
光のアートガーデン1 光のアートガーデン2
光のアートガーデン3 光の運河
九十九島動植物園   順番よ!」 (2011年12月6日撮影) 色男に撮れよ!」

2011年11月18日開催の写真クラブ例会提出作品
大分県天瀬町の紅葉 11月8日撮影 大分県九重町九酔渓の紅葉 11月8日撮影
大分県九重町九酔渓の紅葉 11月8日撮影 大分県九重町九酔渓の紅葉 11月8日撮影
長崎県軍艦島 10月24日撮影 鹿児島県霧島の九面太鼓 11月13日撮影

2011年10月21日開催の写真クラブ例会提出作品
長崎県五島列島福江島の楠本教会 10月4日撮影
長崎県五島列島福江島の楠本教会 10月4日撮影
<天使の祈り>
長崎県五島列島福江島 10月4日撮影
<写欲
長崎県五島列島福江島の城岳展望所 10月4日撮影 長崎県五島列島福江島の明星院 10月5日撮影
<キンモクセイ>

2011年9月16日開催の写真クラブ例会提出作品
熊本県阿蘇郡小国町・鍋釜の滝 8月21日撮影 熊本県阿蘇郡小国町・鍋ヶ滝 8月21日撮影
福岡県福岡市早良区百道浜 8月30日撮影 福岡県福岡市早良区百道浜福岡タワーより 8月30日撮影
福岡県筑紫郡那珂川町・背振山系九千部山 9月5日撮影 福岡県筑紫郡那珂川町・背振山系九千部山 9月5日撮影


2011年7月15日開催の写真クラブ例会提出作品
白馬栂池高原より白馬大雪渓を望む (7月11日撮影) 白馬栂池高原より朝焼けの白馬岳を望む (7月12日撮影)
バスの車窓より白馬連峰を望む (7月12日撮影) 白馬八方尾根よりの展望 (7月12日撮影)
白馬八方尾根よりの展望 (7月12日撮影) 白馬八方尾根の雪渓 (7月12日撮影)

2011年6月17日開催の写真クラブ例会提出作品(2011年5月22日撮影)
阿蘇草千里ヶ浜 阿蘇五岳を背に
伸び伸びと動き回る子馬 阿蘇仙酔峡のミヤマキリシマ
阿蘇市波野村すずらん自生地にて 新緑の池山水源
日田の花火大会(1) 日田の花火大会(2)
日田の花火大会(3)

2011年4月15日開催の写真クラブ例会提出作品
サツマイナモリ(薩摩稲森)
大分県天瀬町 2011年3月24日撮影
ユキワリイチゲ(雪割一華)
大分県竹田市直入町 2011年3月24日撮影
フクジュソウ(福寿草)
大分県竹田市直入町 2011年3月28日撮影
ヒトリシズカ(一人静)
佐賀県吉野ヶ里町 2011年4月6日撮影
イカリソウ(碇草)
佐賀県佐賀市金立町金立公園 2011年4月6日撮影
キバナノアマナ(黄花の甘菜)
福岡県糸島市井原 2011年4月13日撮影

2011年3月18日開催の写真クラブ例会提出作品
日田市大山町おおくぼ台梅園(2011.3/6 撮影)
日田市大山町おおくぼ台梅園(2011.3/6 撮影) うきは市田主丸巨瀬川河畔の菜の花(2011.3/8 撮影)
佐世保市ハウステンボス(2011.3/14 撮影)

10月例会 原田和夫さん撮影の野草「人字草」の花
2010年11月20日の秋の撮影会は汗ばむ程の快晴のもと、瀬高町の清水寺、吉井町のハゼ並木、甘木の秋月城址へと秋の紅葉を撮りまわった。清水寺の本坊院の周辺はイチョウの黄葉とモミジの紅葉が最盛期でテレビでの紅葉放映もあってか観光客がワンサ。ハゼ並木の紅葉も今が盛りと真っ赤に燃え立ち、出店も並んでここも見物客で道一杯。秋月城址も見事な紅葉、黒門一帯は人・人でギッシリ埋まっていた。当日は運転手さんのご好意とお世話に乗っかり、最高のモミジ狩りと撮影会をたっぷり楽しめた。

 掲載の写真は10月例会に出品された原田和夫さん撮影の野草「人字草」の花です。暗い背景の花を選び、花を右上から左下へ流して配することで画面に緊張感と動感が生まれ、2個に絞った花をアップで写し、ピントも良く、花の名前の様な擬人化も写し込まれました。(柴田恭輔)

1月例会と初の公開写真展
2010年1月早々の例会には新年に相応しく湖に映った富士山の「逆さ富士」・1月の祭り「武射祭」のスナップ写真・雪の筥崎宮で写した「雪の冬牡丹」・モノクロ写真で表現された町中の風情・今年の干支の寅(虎)やゴリラなどの動物写真など、冬場の写材に乏しい中でも会員夫々が自分なりの写真ライフを楽しんでおられた。 

 掲載の写真は会員の原田さんが雪の朝、筥崎宮で撮影された冬牡丹。藁囲いや花の上の雪がキリッとシャープに写っている事で、雪の朝、雪がダレる前にサッと撮影に行かれた行動力が伺えます。この写真の良さは、ピントをピシッと合わせた主題の花を右手前に置き、その背景として程よいボカシ具合の藁囲いを左奥へ配した画面構成にあります。尚、写真クラブは昨年12月16日から今年1月15日迄、博多・祇園町のニコン・フォトスクエアーで初の写真展を行い、会員の作品20点を一般公開しました。(柴田恭輔 記)

「雪の冬牡丹」原田和夫さん

   ギャラリー 氷瀑に挑む人
南地区 原田和夫さん
2009年2月 厳冬期の阿蘇仙酔峡・花酔い橋付近の小さな滝は見事な氷瀑となる。氷瀑に挑むアイスクライマーの姿を見つけました。


松九会10周年記念 作品展示会出品作品(2006年11月)

大分の国東半島で秋の撮影会

2006年11月21日、国東半島の“富貴寺”“長安寺”“両子寺”“文殊仙寺”の古寺四ヶ所を巡り、雨模様のシットリした空気に包まれた境内で紅葉や苔むす石仏などを丸一日かけてじっくり撮り歩いた。今月は原田さんと松本さんから当日の“この一枚”を紹介して頂きます。(柴田恭輔)

@「長安寺の紅葉…原田和夫」…長安寺では既に盛りを過ぎた紅葉や、まだ色づいていない紅葉が待っていました。それでも絵になるアングルを探し回り粘って撮った1枚です。鐘突き堂に掛かる紅葉が美しく光っていたので写してみました。 
     

A「両子寺の紅葉…松本文夫」…国東六郷満山の総持院として栄えた両子寺。境内のいたるところで紅葉するカエデの巨木が見事です。晴れた日でも雫が落ちるといわれる「しぐれ紅葉」は両子寺の七不思議の一つに数えられています、住職が紅葉に向かって思いを馳せ祈る姿を撮りました。

@長安寺の紅葉・原田和夫

A両子寺の紅葉・松本文夫





津屋崎で久し振りの遠征撮影会                
原田和夫さん撮影の「夢中な人

 2006年3月17日(金)、快晴。先ずは津屋崎で有名な“アンズの里”へ。丘陵一面をピンクに染めた初めて見るアンズの丘は見事なもので、その丘陵の一番美しい場所、角度、背景、部分にシツコイ迄にカメラを向け続けた。午後は17時頃の干潮を念頭に14時に恋の浦海岸へ。まず岩礁だけの岩場で岩に打ち付ける波しぶきや怪奇な岩の姿を撮影して更に海岸を1キロほど移動し、潮が引いてくると海中の岩と共に現れてその磯をフサフサと午後の光で黄緑色に飾る珍しい海藻やその美しい景観を各自の目線でたっぷりとフイルムに収めて帰ってきた。(掲載の写真は同行の原田和夫さん得意のデジカメ・スナップで、直ぐそばで写されているのに気付かず撮影に夢中の仲間)(柴田恭輔)


福岡市 動・植物園で撮影会

 2005年8月6日、朝9時の開園を待ってまず動物園へ、前もって調べておいた柵や檻が撮影の邪魔にならないフラミンゴ、縞馬、ダチョウ、猿山のサル、ペリカンに絞ってカメラを向けた。相手は動物。気長にしつこく、いい位置でのいい表情を待ち続けこの5ヵ所だけで午前の3時間を使い、昼食後は動物園を横断して植物園の温室(植物への空調で屋外より涼しい)で花の撮影。花のマクロ(拡大)では、花の僅かな揺れでもブレブレの写真になるので空気の流れが一瞬止まるのを辛抱強く待ってシャッターを押した。少し気が短いと自覚の人に写真を勧めたい。小戸のヨットハーバーは雨が降り出したので断念。           (柴田恭輔)




                  「写真は原田和夫さん撮影」




 短信 53                                          原田和夫さん
 平成17年4月から松九会に入会し、早速、登山クラブ、写真クラブ、歩こう会に入り充実した日々を過ごしております。
暇な時は花を写しに走り回っています。
又、登山クラブのホ−ムページも担当しております。