ハマナタマメ(浜鉈豆)

本州(関東地方以西)、四国、九州、沖縄の海岸に生えるマメ科のつる性多年草。花期は6月〜9月。茎は5mぐらい伸びる。花の大きさ2.5〜3cm。花は総状に2〜3個つき、淡紅紫色。豆果は長さ5〜10cm、幅3〜3.5cmの長楕円形で2〜5個の種子が入っている。名前の由来は浜辺に咲く、ナタマメの意味。ナタマメは豆果が鉈の形に似たもので、若い豆果を福神漬などに使う。

9月下旬、福岡県糸島市志摩芥屋の芥屋ノ大門付近に行きました。海岸線にハマナタマメの花がまだ少し残っていました。

2020年9月28日 福岡県糸島市 芥屋の大門付近