ハクセキレイ(白鶺鴒) スズメ目セキレイ科

大きさ:21cm。分布:留鳥または漂鳥として、主に北海道から九州に分布。南西諸島では旅鳥または冬鳥。環境:市街地、農耕地、河川、海岸。亜種ハクセキレイは、夏羽では頭上から体上面と胸が黒色。額から顔、体下面が白色で、黒い過眼線がある。冬羽は背や肩羽は灰色になる。以前は北海道でのみ繁殖していたが、1930年以降本州で繁殖し始め、現在は西日本でも繁殖する。地面のくぼみや建物の隙間に巣を作る。他のセキレイ類より営巣環境への適応度が高く、都市環境にも良く適応。冬はビルの屋上看板や駅前の街路樹で集団ねぐらをとる例も多い。主に昆虫を食べる。チュチュン、チュイリーなどと鳴く。尾が長く、スマートな体形。頭部から背と肩羽は青灰色で、白い眉斑と顎線がある。腰や下面が黄色い。夏羽ではオスは喉が黒い。冬羽では雌雄ともに喉が白く、下面の色も淡い。足は肉色。山地の渓流から都市部の小河川にもいて、比較的清流を好む。非繁殖期は海岸でも見かける。忙しくなく歩き回り、昆虫や蜘蛛などを食べる。尾を上下に振る。セキレイ(鶺鴒)は日本書紀のイザナギ・イザナミ神話にも登場し、そのエピソードから「嫁ぎ教え鳥」とも呼ばれていた。夏羽では喉は黒から白まで個体差がある。チチン、チチンと鳴き、飛ぶときは波状飛行になる。若鳥は成鳥の冬羽に似るが、下面の黄色みが淡く、顎線は不明瞭。(名前がわかる野鳥大図鑑より)

4月下旬、新型コロナウイルス感染防止の為外出禁止なので、福岡県那珂川市山田の自宅からカメラを持って那珂川流域の一の井手から成竹橋までの川沿いを往復しました。川中の石の上にハクセキレイがいました。

2020年3月8日 福岡県那珂川市 那珂川流域