オオバギボウシ(大葉擬宝珠)

ユリ科の多年草で、山でよく見るが、庭園や、家庭の庭で広く栽培される。7〜8月、高さ1m以内外の花茎を伸ばし、茎頂に10個内外の淡紫色の花を総状につける。名前の由来は、蕾の形が橋の欄干(ランカン)の柱などにつける擬宝珠に似る事から。普通ギボウシと云うとこのオオバギボウシを指すのだそうだ。

7月中旬、山口県萩市須佐の畳ヶ淵に寄りました。オオバギボウシの花がたくさんに咲いていました。

2019年7月16日 山口県萩市須佐  畳ヶ淵