フジカンゾウ(藤甘草)

北海道、本州、四国、九州の畑、荒れ地、道端や花壇の隅などに生えるマメ科の多年草。花期は8〜10月。草丈50〜130cm。花の長さは約1cmの蝶形花。名前の由来は、花色が藤の花色に似て、葉の形がカンゾウ(マメ科の薬用植物)に似るところからついたとの事。

8月下旬、佐賀県唐津市の樫原湿原に行く途中の佐賀市富士町に寄りました。いつもの場所でフジカンゾウの花がちゃんと咲いていました。

2016年8月30日 佐賀県佐賀市富士町