エイザンスミレ(叡山菫)

本州、四国、九州の山の半日陰地、林のへりなどに生えるスミレ科の多年草。花期は4月〜5月。花の径は2〜2.5cm。草丈は5〜15cm。葉の裂け方は深く3裂するのが基本で、それが更に裂けて一見5裂に見えるものもある。名前の由来は、叡山とは比叡山のことで、このスミレが比叡山(京都・滋賀県境)で初めて発見されたことに因む為。

3月下旬、福岡県糸島市井原の水無鍾乳洞付近に寄りました。井原山登山道を登って行くと可愛いエイザンスミレを見つけました。

2020年3月31日 福岡県糸島市井原 水無鍾乳洞付近