ダンギク(段菊)

九州(西部と対馬)の山野の日当たりの良い草地などに生えるクマツヅラ科の多年草。花期は9〜10月。草丈は20〜50cm。花の長さは7〜8mmの小花が集散花序につきます。名前の由来は、小花が集まり、茎に段になって咲くことから。花色が綺麗な事から観賞用に栽培されます。

10月中旬、松九会登山クラブで長崎県の対馬に行きました。博多埠頭23時集合、0:10出航の対馬・厳原行きのフェリーに乗船。翌日、美津島町の洲藻白岳に登る。登山道で素敵な自生のダンギクの花に出会いました。

2010年10月16日 長崎県津島市美津島町 洲藻白岳