ボタンクサギ(牡丹臭木)

中国原産のクマツヅラ科の落葉低木。別名ベニバナクサギ、タマクサギ。暖地で観賞用に植えられる。高さ1〜2.5m。7〜8月、枝先に半球形の集散花序をだし、淡紅紫色の小さな花を密生する。枝や葉には強い臭気がある為クサギ(臭木)の名があるが、うちに咲いているものはあんまり匂いが強くない。昔、親戚の生の松原の叔母さんから貰ったが、今では庭のあちこちに広がっている。咲き初めが美しい。

7月中旬、我が家の庭に綺麗なボタンクサギがたくさん咲いています。

2014年7月10日 福岡県筑紫郡那珂川町の自宅