ボタンヅル(牡丹蔓)

本州、四国、九州の日当たりの良い山野に生えるキンポウゲ科の蔓性の半低木。花期は8〜9月。葉がセンニンソウより薄く、小葉に鋸歯がある。名前の由来は。葉が牡丹の葉に似ている事によります。

8月上旬、スクーターで福岡県那珂川市の九千部山山頂まで行きました。途中の道端でボタンヅルの花を見つけました。

2020年8月1日 福岡県那珂川市 九千部山山麓