ボタンヅル(牡丹蔓)

本州、四国、九州の日当たりの良い山野に生えるキンポウゲ科の蔓性の半低木。花期は8〜9月。葉がセンニンソウより薄く、小葉に鋸歯がある。名前の由来は。葉が牡丹の葉に似ている事によります。

8月下旬、福岡県北九州市小倉南区の平尾台行きました。ボタンヅルの花を見つけました。

2021年8月31日 福岡県北九州市小倉南区 平尾台