バイカイカリソウ(梅花碇草)

本州(中国地方)、四国、九州の山地の林内にメギ科の常緑多年草。花期は4〜5月。草丈20〜30cm。花の径約1cm。根生葉は1〜2回2出複葉。小葉はゆがんだ卵形で長さ3〜5cm。名前の由来は、花の形が梅の花に似ている碇草で、元々の名前の碇草についた船の錨に因んだ距がない。

3月下旬、佐賀県佐賀市久保泉町に寄りました。エヒメアヤメ南限の地で知られるのだが、今年は新型コロナウイルス感染防止の為エヒメアヤメ祭りは中止でゲートには鍵が掛かっている。廻りから迂回してやっとバイカイカリソウの咲いている場所に辿り着き、咲きはじめの可愛いバイカイカリソウを撮しました。

2020年3月21日 佐賀県佐賀市久保泉町