アズマイチゲ(東一華)

北海道、本州、四国、九州の山の木かげや丘陵地の土手などに生えるキンポウゲ科の多年草。花期は3〜5月。草丈は10〜20cm。花の径は約3cm(花弁状の萼)。名前の由来は、アズマ(東)は関東地方をさし、本種がこの地方に多いこと、又、イチゲ(一華)は1本の茎に1花が付くことからきているとの事です。

3月中旬、大分県竹田市直入町の籾山八幡社付近に寄りました。アズマイチゲの花がたくさん咲いていてくれました。

2020年3月17日 大分県竹田市直入町 籾山八幡社付近