アキノタムラソウ(秋の田村草)

本州、四国、九州、沖縄の山野の道端、丘陵地の草地などに生えるシソ科の多年草。花期は8〜11月。草丈40〜80cm。花の長さは約1.5cm。長い花茎をのばし、唇形花を輪生します。名前の由来は、シソ科のタムラソウの仲間で、花が秋咲きの意味です。

9月初旬、福岡県糟屋郡篠栗町の若杉山にスクーターで行きました。奥の院の駐車場付近でアキノタムラソウの花がたくさん咲いていました。

2019年9月9日 福岡県糟屋郡篠栗町若杉山