アケボノシュスラン(曙繻子蘭)

本州、四国、九州の山地の林内に生えるラン科シュスラン属の多年草。花期は8〜9月。草丈は10〜15cm。茎の基部は地を這い、上部は斜上し、高さ5〜10cm。葉は数個互生し、長さ2〜4cm、縁は波打つ。茎頂に数個の淡紅色の花をやや片寄って付ける。萼片は狭卵形で長さ約8mm。側花弁、唇弁もほぼ同長。側花弁の先端は萼片にすこし合着する。唇弁の基部はふくらむ。

9月初旬、福岡県糟屋郡篠栗町の若杉山にスクーターで行きました。奥の院の駐車場から荒田高原側に歩いてアケボノシュスランの咲いている場所に向かいました。倒木の腐敗した所にアケボノシュスランの花が咲いているのですが、だいぶ減りました。

2019年9月9日 福岡県糟屋郡篠栗町若杉山